不良番長・練鑑ブルースa

 さて、好評のうちに作られた続篇「不良番長・猪の鹿お蝶」は、いささか狙いすぎてハズした雰囲気でした。その所為か、この時期の梅宮辰夫は主演作の「夜の歌謡シリーズ」や、東映の看板である任侠物・戦記物に助演しており、やはり「不良番長シリーズ」は打ち切りか?

 と、思われた頃に封切られたのが次の作品です。そして結論から言うと、前作の汚名挽回というか、直球勝負で非常に気合が入った仕上がりになっています――

不良番長・練鑑ブルース(昭和44年6月)

監督:野田幸男
企画:吉田達&矢部恒
脚本:松本功&山本英明
撮影:星島一郎
音楽:八木正生
助監督:伊藤俊也
出演:梅宮辰夫(神坂弘)、夏圭子(白河小夜子)
■出演:谷隼人(タニー)、菅原文太(重光)
■出演:夏珠美(ミキ)、茶川一郎(ジャブ)
■出演:鈴木やすし(石松)、中田博久(梶木征一)
■出演:団巌(バイキング)、玉川長太(フック)
■出演:笹一平(イッペイ)、笹八平(ヤッペイ)
■出演:内田朝雄(川島)、渡辺文雄(藤原)、
■出演:曽根晴美、正司照江、正司花江
■出演:山城新伍、由利徹 他

 今回の梅宮辰夫グループは「カポネ団」と呼ばれる愚連隊ながら、一応、ビリヤード屋と競輪のノミ屋、そして借金取立てを営業しています。

 と、そこへ殴りこんでくるのが、中田博久が率いる不良バイク集団の桜吹雪! 忽ち事務所はメチャメチャにされます。しかし梅宮辰夫に逆襲され、身包み脱がされて退散となりますが、何故か奴等はカッコイイ皮ジャンのツナギの下にサラシを巻いているあたりが、東映テイスト満点です。ちなみに「カポネ団」と「桜吹雪」が対立しているのは言わずもがなで、後者の中の紅一点が夏珠美♪ もちろん脱がされますが、下着姿はちらりっとしか見えません。

 そんなある日、競輪場で仕事をする茶川一郎と団巌の前に現れたのが、やたら威勢の良いチンピラの鈴木やすし! どうしようもないギャグの応酬から喧嘩になって因縁を作り、ここで特別少年院時代の仲間だった梅宮辰夫と再会して意気投合という、お決りの展開が妙に心地良い流れになっています。

 ちなみに今回のテーマ曲はタイトルどおりに「練鑑ブルース」を、演歌コブシたっぷりに歌いまわす梅宮辰夫のシブイ喉♪ これがバイクで颯爽と駆けるタイトルバックで流れるのですが、これがまた、不思議な和み感覚なんですねぇ〜♪

 そしてその夜は歓迎会でキャバレーへ! しかも無一文のくせにフロアダンサーにちょっかいを出し、自分達で勝手に歌ったりの乱暴狼藉三昧ですから、これにキレたのがバーテンの山城新伍! 靴底やメガネ、等々の食えないフライを出して、またそれを旨そうに食うカポネ団! このあたりの悪ふざけモードは、いささか自滅ギャグですが、自業自得で怒り出す彼等に店側もついに激怒! なにしろその場には大ヤクザ組織・挺心会の会長が居たのですから!

 こうして度胸の良さと無鉄砲さを買われたカポネ団と桜吹雪のメンバーは、ある日、悪徳弁護士の渡辺文雄から外人相手の秘密カジノを作る手伝いを頼まれます。もちろん背後で暗躍するのは挺心会で、つまりこの2つのグループを競わせて効率の良い仕事をやろうという目論みです。そして報酬につられた彼等は大奮闘するのですが……

 この流れの中では、谷隼人と夏珠美という、対立するグループ間に咲いた恋の花がポイントです。そして密かにデートしている現場を桜吹雪のメンバーに見つかった2人は、人気の無い海辺でリンチを受けるのです。

 ここは手首を縛られた谷隼人、夏珠美がそれぞれにロープでバイクに引き回され、波打ち際でハードな仕打ちを受けるのですが、実際にスタント無しのリンチ! 砂や海水を飲んで、もがき苦しむ夏珠美にグッときますが、映像・演出ともに、極めて日活ニューアクション色が強くなっています。もちろん、あぁ、青春という結末もついているのです♪

 そして今回のヒロインが夏圭子(なつけいこ)です。彼女は、ある日突然、カポネ団のノミ屋に現れ、大勝ちして因縁を作りますが、その訳有りでキツイ表情、お洒落なスタイル、おまけに刺激の強い入浴シーンで、いきなり圧倒的な存在感を示します。

 ちなみにここで付いて来た臨時の用心棒が着流しの菅原文太で、もちろん練鑑仲間として梅宮辰夫と再会するという、恒例のご都合主義になっています。

 さて、こうして秘密カジノはめでたく開業し、カポネ団の面々はフロアマネージャーとしてウキウキと働きますが、土壇場で挺心会が本性を表し、仕事の報酬をホゴにしたことからカポネ団は袂を分かち、ここに大組織とドブネズミの戦いが始まるというのが、今回の展開です。

 もちろん挺心会の嫌がらせ、そしてカポネ団によるカジノ売上金の強奪作戦が見せ場となるのですが、もちろん美味しい場面も見逃せません!

 それは梅宮辰夫がジゴロの本領を発揮して夏圭子を篭絡するシーンで、彼女のマンションに押しかけた梅宮辰夫とミニスカ姿の夏圭子♪ ここは嬉々として彼女に襲い掛かる色男という展開から、夏圭子のミニスカ、太股からパンスト越しの白い下着、パンチラが最高にグッときます。強引なキスも男の本懐というか、笑いながら事をはこぶ梅宮辰夫は芝居になっていないリアルさで、羨ましい限り!

 さらに全てを許しあった2人の会話と演技・演出はハードボイルドな名場面で、印象的です。

 肝心の現金強奪計画は二転三転、裏切りと逆襲、泥臭いアクションと哀切のハードボイルド的な展開で、見応えがあります。おまけに皮ジャン姿の梅宮辰夫に着流しの菅原文太という殴り込みの道行は、またまた東映の自虐的パロディ♪ 決して弾が尽きないマシンガンも、良いですねぇ♪ ダイナマイトがバンバン炸裂し、ド派手な銃撃戦がキッチュなカッコ良さです。

 もちろん各人の見せ場も用意されていますが、特に梅宮辰夫と渡辺文雄のサーベル対決は、カメラワークもスリリングな名場面でしょう。血まみれのスプラッター風味も、その趣味の人にはウケるかもしれません。

 ということで、これは正統派なのかパロディなのか、ちょっと理解不能な、しかし魅力溢れる仕上がりになっています。また前2作とは異なるラストシーンのオチも、なかなか効いています。

 出演者の演技では、キャプテンウルトラとして同名のテレビSFで活躍した中田博久の悪党面と演技のアクが濃く、また皮のツナギでスタイルがバッチリの夏珠美が素敵です。そしてもちろん山城新伍! 最高のコメディリリーフが冴え、以後シリーズではレギュラーとして活躍するのですが、その演技・演出は個人的には映画史に残るものと思っていますので、それは追々述べてまいります。

 また悪役では言わずもがなの内田朝雄、渡辺文雄の憎たらしさ、チョイ役ながら曽根晴美のキャラの濃さが東映ならではの楽しさです。しかし菅原文太のトホホ具合は??? 当時は自身の主演作シリーズ「新宿の与太者」等がスタートしていた時期ですが、これだけ観ていると、とても後年の「仁義なき戦い」の名演技が予感出来ません。

 肝心の主役である梅宮辰夫は自然体の好演というか、繰り返しますがジゴロの面目躍如と遊び人風のバランスが秀逸ですし、この頃は体もしっかり動いて、アクションもソツがありません。オトボケもほどほどに王道を行く演技です。中でも前述した夏圭子との場面は、 う〜ん、女はこうして扱うものか! と勉強になる部分が多々あります♪

 シリーズは、この後、新たな展開に入るのですが、これはそのターニングポイントにあたる痛快作だと思います。ちなみにシリーズのテーマ曲となる「番長シャロック」が、梅宮辰夫の歌で初登場♪ 前半のキャバレーの場面でシブイ喉を披露します。また八木正男の劇伴が「スパイ大作戦」をモロパクリなのは、ご愛嬌なのでしょうねぇ……。

(2006.11.02 敬称略)