不良番長・送り狼a

 前作「練鑑ブルース」で人気作の証明を果した「不良番長」シリーズ第4弾は、1作目で助監督を務めていた内藤誠の監督デビュー作とあって、非常に力が入った傑作となりました。ただしそれは、あくまでも「不良番長の中毒世界」的な意味合いが強く、変化球の連投でした――

不良番長・送り狼(昭和44年7月)
監督:内藤誠
企画:吉田達&矢部恒
脚本:松本功&山本英明
撮影:星島一郎
音楽:八木正生
助監督:三堀篤
出演:梅宮辰夫(神坂弘)、赤座美代子(大森佳子)
■出演:谷隼人(タニー)、菅原文太(西条)
■出演:夏珠美(ユキ)、山城新伍(五郎)
■出演:鈴木やすし(ダッペ)、小松政夫(ジャブ)
■出演:丹下キヨ子(大森アイ)、安倍徹(川島)
■出演:沼田曜一、藤山浩、南利明、大泉滉
■出演:大辻伺郎、上田吉二郎、団巌、佐藤晟也
■出演:三原葉子、春川ますみ、山口火奈子、
■出演:小磯マリ、青山ジミー(ハッピー)、保高重信
■出演:八名信夫、長井浩二、玉川長太 他

 まず多士済々の出演者にご注目下さい。特に男優陣はクセモノ揃いで、内藤監督のデビュー作を盛り立てています。

 さて今回の作品は、冒頭から梅宮辰夫率いるカポネ団が、皮ジャンでビシッとキメてバイクで集団暴走するというタイトルロールになっていて、ワクワクさせられます。

 で、彼等が向かった先は土浦の海岸ですが、なんとそこでは水着の美女達が、地元のチンピラ集団にレイプされそうになっているという、美味しい展開がスタートです。しかもカポネ団は、その現場をフィルムに収めようとして喧嘩になるという、いやはやなんともの展開から、全くリアルでないアクションシーンは、ギャグ以外の何物でもありません。

 もちろん簡単に勝負をつけてしまうカポネ団に、逃げ遅れた腰抜けチンピラの鈴木やすしが仲間に加わるというのは、お約束ですし、前述の水着の美女達を使ってブルーフィルムを撮影するという調子の良さは、天下一品です。

 そしてそれを山奥にある工事現場で働く男達の前で上映し、セコイ稼ぎをしているのですが、ここで仲間に加わるのが、ダイナマイトを扱うという珍妙奇天烈なフンドシ姿の山城新伍です。

 また新宿を根城とする彼等は、美容師をしている三原葉子をタラシこんで、その美容院の二階に巣くっているのですが、そのシノギはデート売春「アカツキクラブ」の経営です。しかし客から金だけ取って本番はやらせず、しかも枕稼ぎまでするという悪徳商法ですからねぇ〜。ついには商売敵の老舗「紅バラ会」から苦情が入る始末です。

 ちなみに彼等が公衆電話や駐車している車にクラブのカード置きをする場面は、昭和の盛り場では恒例の風景でしたねぇ。

 で、この「紅バラ会」の会長としてカポネ団に乗り込んでくるのが、モーレツなオバチャンの丹下キヨ子! その鼻息の荒さは当時の映画演劇界では唯一無二の芸風で、さらに泣かせて笑わせるという芸達者ぶりを、この作品でも存分に見せてくれます。しかも彼女の息子で用心棒をやっているのが菅原文太! おまけに娘が赤座美代子! この兄妹が、今回の物語では随所でポイントとなる働きをしています。

 まず丹下キヨ子に遣り込められたカポネ団は、娘の赤座美代子を誘拐しますが、ドライな親子は動じません。なにしろ赤座美代子は関東挺心会の会長=安倍徹の情婦であり、派手なゴーゴークラブを経営し、母親に貸した金さえも無慈悲に取り立てるのですから……。もちろんミニスカ中心という衣装のキワドサでも楽しませてくれます♪

 また前作からのお約束、谷隼人と夏珠美の擬似ロミオとジュリエットという恋の花は、彼女が「紅バラ会」のパンスケという存在から、実は2人は同じ孤児院で育った幼馴染だったというドロ臭い、まさに東映ならではの展開になっています。

 肝心の物語は、挺心会があらゆる風俗産業を集めた総合ビルを計画したことから、梅宮辰夫と丹下キヨ子を傘下に収めんと画策し、それに反撥した2人が大組織と対決していくという流れになります。

 そしてあの手この手の丁々発止から、ビルの権利書を巡る争奪戦とバイクアクション、クライマックスでは安倍徹の豪華別荘へ殴り込みですが、いずれもリアルさよりは破天荒な面白さが追求されています。

 例えば、殴り込み前に心の準備として梅宮辰夫以下のカポネ団が、カッコイイ皮ジャンのツナギ姿で立ちションしていると、突然、挺心会のチンピラが背後からピストルを突きつけるという、既成の映画の掟破りのような展開とか、銃撃戦で弾が当っても、なかなか死なずに台詞を喋るとか、至近距離からの銃弾を連続で避けるとか、あまりにもベタな演出ばかりで、呆気にとられること請け合いです。それも至極真面目にやっているんですねぇ〜♪

 また物語そのものが細かいエピソードを積み重ねていることから、その度にトホホ系のギャグが連発され、もちろん出演者では大辻伺郎、南利明、大泉滉……等がコメディリリーフとして活躍しますが、特筆すべきは、やはり山城新伍の存在です。

 なにしろ、ほとんどアドリブかと思われるような独り言的なギャグをつぶやき、濃いめの演技と本音の芝居で作品全体を煙に巻いているのですから、これには主役の梅宮辰夫もお手上げというか、心置きなく二枚目を演じるほかはありません。恒例のシブイ喉を披露する「番長シャロック」は、ゴーゴーガールが乱舞するクラブでの、昭和元禄丸出しの演出になっていますが、これも非常に楽しいかぎりです。

 また菅原文太は、今回も、またまたクールでカッコイイ役をもらっていますが、それが軽くなっていないのは、本人の演技の向上か、あるいは監督の演出ゆえか、ちょっと不思議です。

 お目当ての美味しい場面は、三原葉子が下着姿で梅宮辰夫に絡みつくところが、彼女の脂っこい演技ゆえのギャグになっていますし、パンスケ達の下着姿やセミヌードも刺激が強いとは言えません。また赤座美代子のキワドイ衣装は、後半のほとんど下着ファッションのスケスケミニスカがドキドキさせてくれますが、パンツ見せどころか、パンチラさえもありません……。まあ、見えそうで見えないところがワクワクではありますが、水着姿もサービスが悪く、減点です。

 しかもそれでいて、ラストが往年の日活アクション調になっているのですから、これはマジなのかパロディなのか、完全に??? ドロ臭さゆえに東映作品と分かる仕掛けが、いやはやなんとも……。あまりのバカバカしさに、真剣になって鑑賞している自分に微熱があるような気がしてきます。「んなわけ、ねーだろぅ!」というツッコミどころが満載なのです。

 つまり、これはバカ映画でしょう!

 う〜ん、それにしてもリアルタイムの観客は、これをどう見たのでしょう? そう思って当時のメモを探索したら、併映が藤純子主演による、しっとりとシリアスな「侠客芸者(山下耕作監督)」でした。もちろんそれがメインで、この「送り狼」はB面の添物なんですねぇ……。

 内藤誠監督は、後年の作品も含めて、全てを生真面目に仕上げる作風だと、私は思います。するとこれは、生真面目に作ったバカ映画なのでしょうか? シリーズはこの後、野田幸男監督と内藤誠監督が交互に演出を担当し、その傾向がますます強くなっていきます。

 その意味で、この「送り狼」を、私は憎むことが出来ないのでした。

(2006.11.09 敬称略)