不良番長・出たとこ勝負

 前作「一攫千金」で、いよいよ好調の波に乗ったシリーズの第8弾は、地方ロケも敢行した、これも傑作となりました。もちろん出演者は、シリーズの度に死んでいる者も含めて、振り出しに戻るの再登場という、これぞプログラムピクチャーの醍醐味が存分に味わえるのです――

不良番長・出たとこ勝負(昭和45年8月)

監督:内藤誠
企画:吉田達&矢部恒
脚本:松本功&山本英明
撮影:中島芳男
音楽:八木正生
助監督:小平裕
出演:梅宮辰夫(神坂弘)、谷隼人(タニー)
■出演:山城新伍(五郎)、鈴木やすし(ジャブ)
■出演:安岡力也(アパッチ)、大信田礼子(尾高銀子)
■出演:夏珠美(おたま)、安部徹(大滝)
■出演:待田京介(テル)、渡瀬恒彦(噂のジョー)
■出演:由利徹(富田刑事)、関山耕二、大泉晃
■出演:永原和子(とんぼ)、小林千枝、沢彰謙(尾高)
■出演:南利明(エロ作家)、上田吉二郎(成金)
■出演:日尾孝二(喧嘩竹)、小松方正(黒柳)
■出演:吉野妙子(ゆきえ) 他

 今回の物語は、冒頭からナチス親衛隊みたいなコスチュームに身を固めたカポネ団の面々が、非常にカッコイイ! しかも日頃から虐められているヤクザ組織の大滝組へ、バイクで賭場荒らしの殴り込みをかけるというのですから、これはっ! しかもバイクが当時の流行だった改造チョッパーもどき! 梅宮辰夫以下、谷隼人、鈴木やすし、安岡力也が豪快に昭和45年の新宿を突っ走りです。主題歌「番長シャロック」もベストマッチしているんですねぇ♪ もちろんここがタイトルロールになっています。

 しかし山城新伍はゼロハンですし、夏珠美はチャリンコというベタなギャグから、もちろん殴り込みの現場では腰が抜けての退却というトホホの展開に……。さらに逃げる途中では道に迷って養豚場へ突っ込んだり、肥溜めに転落したりのテイタラクです。ただし梅宮辰夫だけは、美女が入浴しているところへ乱入ですから、結果オーライ♪

 そしてシノギに窮したカポネ団の今回の新企画は、オメカケ会社! つまり金持ちに若い女性を斡旋ですから、口八丁の彼等にはうってつけの仕事となって大当り♪ ここでは美女集団に囲まれてニヤニヤとご満悦の上田吉二郎やスランプで苦しむエロ作家の南利明が、素直なコメディリリーフで実に良いと思います。

 もちろん、こうしたスケコマシの商売は大滝組の逆鱗に触れ、結局、女も仕事も横取りされたカポネ団はドラム缶の風呂に浸かって不貞腐れ……。ここでは一瞬ですが、泡に包まれた夏珠美のヌードが拝めます♪ これが良いんですよねぇ〜♪

 こうして新宿を追われることになったカポネ団は、谷隼人が来日中のドックフェラー財団の御曹司にそっくりだったことから、本物を騙って福島県は磐梯熱海温泉へ乗り込むという展開になります。これはもちろんタイアップですから、観光地の全面協力による歓迎シーンや地元の綺麗どころが総出演の華やかな宴会場面が楽しいところ♪ もちろんカポネ団の面々もバイクではなく、ジープに乗って「聖者の行進」を歌うという、モロにアメリカ万歳の演出ですが、これは当時、ベトナム戦争の泥沼で身動きがとれなくなっていたアメリカへの強烈な皮肉だと思います。

 この流れの中では当然、谷隼人だけがモテモテで、最上級の部屋で美人芸者と美味しい営みまでセッティングされますが、カポネ団の他の面々は布団部屋に押し込まれて不貞腐れ……。ただし、その谷隼人にしても、本物が武道の達人だったことから地元警察に指導を頼まれ、逆に道場でメッタメタに痛めつけられるというトホホの泣き笑いです。また警護と称して、ノゾキをやってしまう由利徹の田舎刑事は、毎度お馴染みの強烈なオトボケが楽しいところで、内藤監督の下卑ていながらセンスの良い演出が光ります。

 さて、こうしたカポネ団の狙いは、磐梯熱海温泉に風俗&ソープランドを作ることですが、もちろん資金やソープ嬢は口から出まかせで集め、あわよくば、上手いところでドロンを決め込むという目論みです。そして手始めとしてミスコンテストを計画するのですが……。

 こういうドタバタの中には、梅宮辰夫の古いダチとして待田京介が登場し、颯爽と地元のチンピラ達を叩きのめします。また渡瀬恒彦がカウボーイスタイルの牛乳屋として、カポネ団と因縁を作ったりするという、シリーズ恒例の「お約束」が入っています。もちろん新宿から東北進出を狙う大滝組も暗躍していますから、物語はプログラムピクチャーならではの「全てわかっている」快楽的な展開となるのです。

 肝心のミスコンテストは、今となっては野暮ったいレオタード風衣装に身を包んだ永原和子や吉野妙子が色っぽく登場して華を競いますが、土壇場でスタイル抜群の田舎娘=大信田礼子が現れて優勝! もちろん極小短パン系の衣装で美脚を見せまくりです。

 物語はこの後、騙りがバレて逃げ出したカポネ団が、会津藩の埋蔵金探しから温泉を掘り当てたりしますが、やはり一発逆転の大勝負として大滝組との対決は避けられません。そして悪辣な手口で仲間を殺されたカポネ団に意外な正体が明かされる渡瀬恒彦も加わって、弔い合戦の殴り込みというクライマックスへ突入しますが、これが地元の公道を派手に使ったバイクレースに紛れ込んでの大活劇ですから、血が騒ぎます!

 実際、ここは夥しい数のマシンが咆哮して突っ走るというバイカー映画の本領が発揮された名場面でしょう。内藤監督にしても、ここで初めて「不良番長」所期の目的を達成した満足感があったと語っているほどです。そしてシリーズ恒例の果てし無き銃撃戦にしても、なかなかシリアスな基本を大切にした過激さがあります。躍動的なカメラワークも、実に良い感じ!

 ただし、カポネ団各々のメンバーが死に際の演出には、やはり「お約束」のオトボケが脂っこいほどで、特に鈴木やすしの最期には拍手喝采!

 また常に美味しい場面をさらってしまう待田京介は、モーターボートやジープを颯爽と乗り回し、ライフルを撃ちまくる姿もキマッているというキザな役柄が、完璧なカッコ良さです。ヒネクレているようで一本気な演技も流石だと思います。

 それと渡瀬恒彦は、ご存知のように渡哲也の実弟ですから、台詞回しや表情は兄貴そっくりですが、アクションのキレの良さも抜群の存在感でした。

 しかし逆に、大信田礼子の魅力があまり出ていないのが減点でしょうか……。つまりエッチ度が不足気味なんですねぇ。失礼ながら、このあたりは作品全体のバランス感覚を大切にした内藤監督の手堅さが裏目に出てしまったのかもしれません。

 ただし、それゆえに物語の楽しさはプログラムピクチャーの王道を行く天下一品の仕上がりになっています。正統派のバカ丸出し! そしてラストシーンのお洒落なトホホ感覚は、当に1970年がモロ出しになった名場面でしょう。

 そしてシリーズは、全盛期の勢いが加速していくのでした。

(2007.08.17 敬称略)