花と蛇2への道

第3回


 待ち遠しかった……、3月11日、何しろ「花と蛇2:パリ/静子」のネット版が配信されることになっていましたからねぇ……。公式サイトの予告によれば夕方から配信開始とされていました。ところが「夕方」っていうのが曖昧ですね。私は待ちきれず、午後3時頃からアクセスしていましたが、なかなかスタートしませんでした。

 私だって一応、カタギの仕事をしている身ですから、「花と蛇2:パリ/静子」ばかりに張り付いているわけにもいかず、そこがまた、辛いものがあって、ますます期待が高まっていました。

 午後7時、まだスタートしていません。そして、ようやく、午後8時過ぎて公式サイトのトップが変わっているのに遭遇、おぉ、やっと始まったっ! ということで、速攻で会員手続きをしたわけですが、その概要は――

 言うまでもなく、このネット版は有料です。これは昨年も同様でしたが、今回はまず「ShowTime,Inc.」という配信サイトへ行き、そこで会員登録しないと、無料の予告篇も観る事が出来ないシステムになっています。手順は以下――

1.公式サイトの「BROADBAND」という部分にカーソルをあて、「予告篇」をクリック

2.「ShowTime,Inc.」をクリック

3.「初めてのお客様へ」から会員登録、登録料金は294円・税込み、カード決済有り
  ここから手順にしたがっていくとネット版の映像を観ることが出来ます。

 ここでようやく、予告篇は無料で視聴出来ますが、 その他の出し物「緊縛春画スチル撮影」「白い包帯と食い込む三角巾」「女武者磔串刺し」は有料です。料金形態は1本525円か、3本14日間の観放題で1050円かの2つの選択肢があります。もちろん税込みですが、ここは後者を選ぶのがお徳ではないでしょうか。私はもちろん後者です。

 さて、こうして手続きが済み、さらに翌日からも観ようとすると、ログインがちょっと分かりづらくなっていますので、私なりの手順は以下――

1.「ShowTime,Inc.」のサイトから「特報・500Kで視聴する」をクリック

2.ログインをクリック

3.ユーザーIDとパスワードを入れると、有料映像を観る事が出来ます。

 ということで、ネット版がスタートしましたが、個人的には予想より出来が良いと感じています。そのあたりの詳しい感想、また、有料映像の内容ご紹介は、「緊急レポート」で書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。

(2005.03.13 敬称略・続く)