花と蛇2への道

第7回


 5月14日、ついに公開された「花と蛇2」は、その後の賛否両論があまり盛上がっていない雰囲気ですが、皆様は満足されているのでしょうか? それとも最初っから諦めの境地? このあたりはSM者と杉本彩ファンでは、おのずと感想が違ってくると思われますが……。

 ということで、今回もここに至るまでの動きを纏めておきます。

雑誌関連

週刊現代5月21日号:グラビア袋とじ8ページ

 公開直前「花と蛇2」もう一つの問題シーンとサブタイトルをつけた「荒井美恵子剃毛フルヌード」というグラビアです。内容は劇中でオークションされる彼女が、その展開の中でアンダーヘアを剃られるというところをウリにしていますが、掲載全9カットのうちで、はっきりそれとしているものは3カットだけです。しかも肝心のところは光を強くあてて白く画像を飛ばしている、所謂ハイキー処理にしてありますし、なによりも物足りないのは、それが電気カミソリによるものという点です。

 やっぱりこれはシャボンにカミソリでやって欲しいなぁ! 往年の日活SM物では、きちんとそれをやっていましたからねぇ。

 とはいえ、ここでの荒井美恵子はその豊満な肉体、そしてお目当ての巨乳をたっぷりと見せてくれました。本篇予告映像でも、彼女の嫌がりは本気度が高いようでしたので、それなりに楽しめます。

 そして今回も、袋とじの注意事項として「はやる気持ちを抑えてここからていねいに切り開いてください」というキャプションが、ほのぼのとさせてくれました。

DVD付き限定版プログラム(東映ビデオ / KKロングセラーズ)

 今回の目玉企画というか、ついにこんなものまで出してしまう商魂の逞しさに、マニア心を刺激されてしまう自分が悲しいとは言いませんが、やはり買ってしまいました。値段は1050円(税込)、劇場公開前にコンビニや書店で販売されました。もちろん劇場でも販売されるはずです。

 内容は、まずプログラムが「愛蔵限定版写真集」とサブタイトルされているとおり、厚手の紙を使用した32ページのグラビア物で、もちろん作品解説や監督・出演者のプロフィールなども掲載されておりますが、主体はやはり本篇中の美味しい場面のスチールで、見応えがあります。特に映像では微妙なボカシが入っていた杉本彩の褌姿の肝心な部分がはっきりと写ったカットがあり、お目当てのクイコミがモロに見えますし、縛りや猿轡等での彼女の哀切の表情も選りすぐりのものです。若干、芸術点が高いカットもありますが、これはまあ、プログラム全体の構成を考えた上でのことなのでしょう、許しても良い範囲だと思います。

 肝心の限定版につけられたDVDは、拡大版予告篇というか、先行販売されたDVD「緊縛遊戯(東映:DSTD02433)」をさらに短縮したもので、約9分弱の映像が入っております。そして何よりも嬉しいのが、このDVDがオマケのくせに、ちゃんと美しいカラージャケット付きのトールケースに入れられていることで、これは完全にコレクターズ・アイテムになるでしょう。

 皆様にはぜひともゲットしていただきたい優れものだと思います。

劇場封切初日舞台挨拶

 5月14日に都内劇場で行われた舞台挨拶の模様が「ShowTime,Inc」でネット配信されています。これは一応無料ですが、それでもこのサイトの会員になる必要があります。

 で、登場するのは石井隆監督、杉本彩、宍戸錠、不二子、荒井美恵子の5人で、3人の女優はそれぞれにセクシーな衣装でキメています。特に杉本彩はゴールドのスリップ系薄物ドレスで、胸はギリギリまで露出しており、乳の垂れ具合、そして乳首の存在が大いに気になるところです。また、それに負けじと、荒井美恵子も巨乳を大サービスというか、露出度満点の原始人風ドレスで迫ってきます。不二子もショートパンツ・スタイルを披露していますが、幼児体形が裏目に出てしまったような……。

 気になる挨拶では、まず杉本彩が、前作を完全に越えていると、自信たっぷりの発言です。また宍戸錠は、石井監督の長回し撮影における台詞の多さについて、「日活出身の俳優に、3行以上の台詞は言わせるんじゃねぇ!」の名台詞を残してくれました。

 他には、不二子が今回の出演については父親に内緒にしているとか、私生活ではヘビをペットにしてスキンシップを楽しんでいるとか……。彼女はかなりフテブテしいツラがまえの個性派で、今後の飛躍が大いに楽しみです。

 また荒井美恵子は劇中で剃毛されておりますが、それは本当にやられたと告白しています。そして現在は元に復しているという発言までも! さらに彼女もまた今回の出演に関して親には内緒だったのに、PTA役員をしている叔母にはバレてしまったという逸話も披露しております。それにしても彼女の豊満な肉体には縄が似合うと、思わずにはいられません。

 というのが主な内容ですが、この舞台挨拶は「花と蛇2」の公式サイトでも、写真だけですが10カットを無料で見ることが出来ます。

有料ネット配信関連

花と蛇 1 マル秘お宝映像 「Vol.5」

 前回に続き「Vol.5」の配信が始まっています。内容的には昨年配信された第17回〜最終回までと同じようですので、詳しくは拙稿「東映版・花と蛇の世界」の中の「ネット版緊急レポート」を御一読願います。

 ということで、これから劇場本篇を観にいきます。

(2005.05.21 敬称略)