とりあえず猛暑にはホラーのDVD
 暑い……、今年の猛暑はちょっと早く来ていませんか?! 暑いと公私ともにイライラやトラブルが……。まあ、こういう時はホラー物でも観てリラックス致しましょう、ということで、最近発売のDVDをご紹介いたします。

ゾンビ・米国劇場公開版:Dawn Of The Dead(1978・伊&米)
製作:ダリオ・アルジェント
監督:ジョージ・A・ロメロ
音楽:ゴブリン
出演:スコット・ラインガー 他
 まず、皆様よくご存知の「ゾンビ」ですが、この作品は幾つかのバージョンが存在しており、今回DVD化されるのはサブタイトルどおり、米国版です。このあたりの事情を簡潔に述べさせていただくと――
 モダンホラーの代表作として現在良く知られているこの作品の原点は、ジョージ・A・ロメロ監督が原案及び撮影までも手がけて1968年に発表したデビュー作「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド:Night Of The Living Dead」です。これはモノクロ作品で、物語は超自然的な力で蘇った死者が人々を襲い、追いつめられた人間達が孤立した一軒家に立てこもり最後の戦いを、というシンプルなものです。蘇った死者はノロノロとした動作で人を襲い、人肉を食い、しかも襲われた者は感染してしまうという、何とも下品な吸血鬼物なんですが、つまりそういう即物的な恐怖を描いた作品でした。そして、ここで登場する怪物こそ、我々が現在知っているゾンビに他ならないわけですが、ここで注意していただきたいのは、この作品では蘇った死者をリビング・デッドと呼び、ゾンビという名称がこの時点で使われていないことです。
 で、そのリビング・デッドがゾンビになったのは、実は今回ご紹介するこの作品からだと思われます。その経緯は、ジョージ・A・ロメロ監督が「Dawn Of The Dead」を撮るにあたって協力を要請したダリオ・アルジェントの仕業によるところで、物語は宇宙からの怪光線で蘇った死者達と生き残った人間達が、郊外のショッピングセンターを舞台に死闘を繰広げるという、間違いなくロメロ作品「Night Of The Living Dead」の続篇ともいうべきものですが、何と公開にあたって英語圏ではロメロ版、その他の諸地域ではアルジェント版という2つのバージョンが作られ、その後者に「ゾンビ:Zombie」とタイトルが付けられたのです。そして当然、我国ではアルジェント版が公開されましたので、例の怪物はゾンビと呼ばれるのでした。
 ちなみにダリオ・アルジェントはイタリアの映画監督&脚本家で、ヒッチコックの影響が大きいサイコサスペンス物を得意としており、この頃すでに「歓びの毒牙(1969)」や「サスペリア(1977)」等々の大傑作を発表して確固たる地位を築いていておりました。そしてこの後も「シャドー(1982)」「フェノミナ(1984)」という、観る人によっては強烈なSM味を感じてしまう真に危ない作品を発表していきます。
 さて肝心の2つのバージョンについてですが、まずアルジェント版はサウンド・トラックが派手で、編集のテンポも良い娯楽作品という趣が強くなっております。音楽を担当したゴブリンはイタリアのプログレ・バンドで、ダリオ・アルジェントは自らの作品「サスペリア(1977)」「同・2(1975)」でも彼等を起用しております。その演奏はジャズ・ロック風の力強いものから、ミステリアスな様式美を追及したものまで多彩、音楽と色彩を殊更に重要視するアルジェントの作風では、無くてはならないお気に入りというところでしょうか。
 一方、ロメロ版は音楽の使用は極力抑えられ、ゴブリン以外の音源も使われておりますし、その編集もタメのある演出が活かされていて、ジワジワ迫ってくる恐怖の本質が大切にされているように思います。それは今回発売されるDVDでじっくりと味わえるはずです。
 ●発売予定日:7月23日
 ●予価:3990円

テラー・トレイン:Terror Train(1980・加)
監督:ロジャー・スポティスウッド
出演:ベン・ジョンソン、ジェイミー・リー・カーティス 他
 これもB級ホラーの傑作です。物語は大晦日の卒業旅行を楽しむ大学生達が、列車内の惨劇に巻き込まれるという展開ですが、ここでのミソは列車内という、ある種の密室で事が進行するところです。実際、恐怖の盛り上げ方や抉り出すようなサスペンスの仕掛け方が、巧みな編集で折り目正しく纏められております。
 このあたりはロジャー・スポティスウッド監督の職人技が光りますが、実はこれがデビュー作で、後年の大ヒット作「007〜トウモロー・ネバー・ダイ(1997)」でみせたものと遜色が無いと思います。
 あと、ジェイミー・リー・カーティスはご存知のように絶叫の女王ですから、彼女の怯えをお楽しみ下さい。
 ●現在発売中
 ●価格:4179円

ゴースト〜血のシャワー:Death Ship(1980・米&加)
 監督:アルビン・ラコフ
 出演:ジョージ・ケネディ、リチャード・クレナン 他
 北海を彷徨う幽霊船は、ナチスドイツの拷問船だった、そしてそこにはナチの亡霊とユダヤの怨霊が……、と知ってゾクゾクするのが愛好者でしょう。基本はスプラッター物ですが、お約束の美女の血まみれシャワーとか、期待を裏切りません。確か後年、リメイク版も出来たようですが、まずはこちらをオススメ致します。
 ●現在発売中
 ●価格:4179円

(2004.07.13 敬称略・続く)

ふりだしへ戻る