The Beatles / Let It Be の謎 4


 1969年1月の困難なセッションが31日で一応終了した後に残されたのは、約38時間分の映像撮影フィルムとそのシンクロ音声トラックが約96時間分、そして正式レコーディング音源となる約28時間分のマルチトラック・マスター・テープでした。そのフィルムからはとりあえず1時間半程度の本篇とそのおまけ的なメイキング・ドキュメントの2本が同時進行的に作られていきましたが、問題はその音源を基にして発売が予定されているレコードの製作でした。1月30日の屋上セッションと翌日のスタジオ・ランスール・セッション以外の部分は、完奏されている曲がほとんど無い状態でしたし、新曲やオールディズ・ナンバーにしても纏まりが無く、膨大なテイクが重ねられている状態でした。

 その原因はリハーサルも含めて、録音現場に纏め役が不在であったこと、つまりこれまでプロデューサーを務めてきたジョージ・マーティンが、今回はほとんど関わっていないということでした。

 では、何故そうなったのか、諸説ありますが、個人的には今回のセッションが映像作品を作ることを優先していた所為ではなかろうかと、推察しております。ご存知のように、欧米は各職業別に組合があってその力は絶大、何か仕事をするためにはまず、その業種の組合に加入しなければ働くことが出来ません。つまり現場で映像の仕事に関わるためには、映像関連の組合に加入していなければならず、おそらくジョージ・マーティンが非組合員であったことは容易に想像出来ます。したがって、セッション初期にトゥイッケンナム・フイルム・スタジオで行われたリハーサルにおいても、その録音は撮影班主導で行われ、彼は現場にいても口を出すことが出来なかったものと思われます。

 それではそれ以前の彼等の映画「ハード・デイズ・ナイト」「ヘルプ」「マジカル・ミステー・ツアー」ではどうだったのかと言えば、そこには楽曲が先にあり、映像として彼等が歌う部分は基本的に所謂「口パク」、したがって音楽部分と映像部分は切り離して考えることが出来ます。アニメ作品の「イエロー・サブマリン」も同様です。

 しかし、今回の場合はそうはいきません。音楽を生み出す場面を映像で追って行く、しかもその目的が放送用ライブ・ショウの製作とあっては……。で、肝心の撮影班はドキュメントを撮るということで、ビートルズのメンバーに演出を施すわけもなく、また彼等も基本は生演奏一発という方針に甘え、さらにポール以外のメンバーがやる気が無かったということで、ダラダラとした時間だけが記録されていったのでした。

 この状況はアップル・スタジオに移ってからも基本的に変わることは無かったと思われます。すでにジョージ・マーティンは「2」でも述べたように、当時EMIを辞めて別会社を経営する身分になっており、ビートルズは自分達の会社を設立して原盤製作の主導権を握っていました。またこれまでの経験からスタジオでの仕事の要領というか、進行方法は彼等なり掴んでおり、また製作方針が複雑な録音作業を必要としないライブ・ショウというシンプルな生演奏ということで、彼等、特にポールには自信とある程度の目安があり、この際全てを自分達で仕切ってしまおうという目論みがあったのではないかと推察しております。

 で、ここで浮かび上がってくるのが、一応録音エンジニアという名目で参加したグリン・ジョンズの存在です。彼はこのプロジェクトに参加した時27歳でしたが、高校生の頃からロンドンの音楽録音スタジオで修行を始め、この時までに何人かの有能なプロデューサーの下でローリング・ストーズ、フー、キンクス等々のヒット曲作りに関わってきておりました。しかも立場はフリー・ランス、イギリスでは最も早い時期に活動を開始したフリーの録音エンジニアで、当然、映画・テレビ関係の仕事もこなしており、組合に加入していたのは確実だと思われます。

 どんな職業でも良い仕事をこなすためには、それなりの専門知識と技術・経験が必要です。音楽録音とても例外ではなく、映像スタッフが録音するシンクロ音声は台詞や擬音はきちんと処理出来ても、ロックの音を上手く扱えるか否かは未知数です。グリン・ジョンズがポールから参加要請を受けたのは、1968年12月末のことらしいですが、おそらくポールのこの行動はその点に不安を抱いた末の結論だったと思います。

 トゥイッケンナム・フイルム・スタジオで行われたリハーサルの録音に関して、実際に彼がいろいろと指揮をとっていたのは間違い無く、それは音質の良し悪しに関わらず、海賊盤に収録されたリハーサル音源とアップル・スタジオで録音された音源を聴き比べれば、その音の雰囲気に共通性を感じてしまうことからも明らかです。

 しかし、そのグリン・ジョンズにしても、所詮は余所者です。現場にはジョージ・マーティンが顔を出す日があり、加えてビートルズのグループ内の人間関係は最悪、またこの頃から常にジョンの側に寄添うオノ・ヨーコの存在にピリピリするスタッフ、そして音楽製作現場の勝手が分からない撮影班は、連日の長時間労働に疲れきっていたと言われており、年齢の割りにキャリアがある彼にしても、そんな中では相当仕事がやりにくかったであろうことは想像に難くありません。

 そんな事もあってか、残された音源素材は3月まで手付かずで放って置かれることになります。ビートルズ本人達にとっても、これは無かったことにしたいはずでした。しかし、現実は非情です。まず自分達の仕事の土台になるはずだった「アップル・コープス」が経営不振、またEMIとの契約から4月中に新曲を出さなければならないという瀬戸際に追いつめられていたのです。こうなると頼みの綱は1月のセッション音源だけとなり、そこでジョンとポールはグリン・ジョンズにその全てを渡し、事後を託すのですが、ビートルズのメンバーは誰一人、その作業現場には立ち会わなかったと言われております。その理由は、その頃のグループ内は人間関係がさらに悪化、周囲の思惑も絡んでドロドロとした壮絶なドラマがくりひろげられていたことです。そしてそこへ、アラン・クラインという一人の男が登場したことから、事態はますます混迷して行くのでした。

(2003.09.23 敬称略・続く)