The Beatles / Let It Be の謎 11


 記録によれば1970年4月2日、フィル・スペクターはジョンとジョージから託されたマスター・テープの編集作業を完了させています。映画も完成し「Let It Be」と題されて5月の公開を待つばかり、また、それに伴って製作されていた写真集も出来上がり、これはアルバムの初回盤に付けられることになりました。こうして事実上ビートルズ最期のオリジナル・アルバムとなった「Let It Be」の発売準備は着々と進められていたのですが、ここに大きな問題が発生していました。

 それは発売時期のことで、計画では映画の公開に合わせるために5月8日を予定していたものの、それは密かに製作が進められていたポールのソロ・アルバム「マッカートニー」の発売とのバッティングが懸念されていたのです。ここでまたしてもポールとアレン・クラインは対立し、彼はポールに発売の延期を申し入れますが、もちろんそれは却下、ただしポールもお互いの利益を考えて、自分の作品をその3週間前に発売するという妥協案を提出し、EMI及びアップル側と合意します。しかし彼は、ビートルズとしての新アルバム「Let It Be」の出来には満足しておらず、その製作を巡ってグループ内の人間関係も益々悪化していたことから、強烈な対抗策をとってしまうのでした。

 その発端は4月10日付けのイギリスの大衆紙「デイリー・ミラー」に掲載された、ポールのビートルズ脱退という大ニュースでした。記事の真相は、ポールがソロ・アルバム「マッカートニー」のために作った宣材に含まれていたアンケート記事で、これは発売時の記者会見を嫌ったポールが宣伝部とともにQ&A形式で作ったものでした。その中で彼は「ビートルズの行方は分からないが、ジョンとの共作活動は今後は無い」と述べているだけでした。

 つまりビートルズからの脱退、あるいはビートルズの解散については一言も述べていないのですが、それでもこれはマスコミにとっては「待ってました」の発言になり、翌日には世界中の報道機関がビートルズの解散を報じるのでした。そしてこうなると、もう歯止めは効きません。ジョージ・マーティンやグリン・ジョンズからはフィル・スペクターに対する不満が表明され、その他関係者からの発言が有ること・無いことを織り交ぜながら憶測記事にされていくのでした。

 こうした騒動の中、ついに5月8日、アルバム「Let It Be」がイギリスで発売されます。そこには次の12曲が収録されていました。

A-01 Two Of Us
 「私はピグミーを偏愛する」等々というジョンのお喋りに続いてスタートするフォーク・ロック調の曲で、ポールが歌い、ジョンがハーモニーを付けています。映画の中でもいくつかのバージョンが登場していて、ポールとジョージの喧嘩の原因になったことで有名になりました。ここでは映画の中でも完成形として演奏されていた1969年1月31日のバージョンを基本に使っています。メロディも良いし、生ギターと最期の口笛が印象的、ほのぼのとした雰囲気が個人的には大好きです。

A-02 Dig A Pony
 映画のクライマックスとなった1969年1月30日の屋上での演奏場面と同じ音源を使用しています。ただしここに収められたバージョンは、編集によってポールが歌う「All I Want 〜」という最初と最期のフレーズがカットされているようです。「3」参照、お願い致します。

A-03 Across The Universe
 この曲に関しては複雑なものがあります。まず、オリジナルの録音は1968年の2月初旬に行われましたが、その時は作者のジョンが仕上がりに納得せずにお蔵入り、それが初めて世に出たのが1969年12月に発売された世界野生動物保護基金のためのチャリティ・アルバム「No One's Gonna Change Our World」に収録された時でした。そのバージョンはジョージ・マーティンがプロデュースしたものですから、ここに収録されたフィル・スペクターがプロデュースしたバージョンとは、もちろん違います。決定的な違いは演奏のスピードで、ジョージ・マーティン版は通常よりもテープの回転速度が速く、逆にフィル・スペクター版は遅いと思われます。これは後年登場する「アンソロジー2」に収録された同曲の自然な雰囲気と比較すると、いっそう明らかです。その他にも違いは細かい部分まで沢山あり、いろいろと楽しんで聴けるこの曲ですが、個人的にはここに収録されたフィル・スペクター版が一番好きです。大改造によって加えられたオーケストラ&コーラスで作られた音の壁、そして気だるいジョンのボーカルが、ソフト・サイケな曲調や歌詞の内容に合っていると思います。

A-04 I Me Mine
 「9」で述べたような事情から、1970年1月3日に急遽録音されたジョージの曲です。後に「アンソロジー3」で聴くことが出来たように、本来は短い作品でしたが、それをフィル・スペクターが強引に引き伸ばし、オーケストラを重ねて仕上げました。個人的にはそんな事をするよりは、映画の中でワルツを踊る場面に使われていた演奏だけの部分を活かして欲しかったのですが……。

A-05 Dig It
 1分に満たない短い曲ですが、これは1969年1月26日に録音され、本来は12分以上あったセッションからの抜粋です。映画の中では全員楽しそうなノリを見せてくれましたが、その中核はビリー・プレストンでした。このアルバムではジョンのお喋りが継ぎ足され、繋ぎの場面設定という雰囲気ですが、これこそ全長版を出して欲しいと強く希望しています。しかし今回の「ネイキッド」でも実現出来そうも無いのは???です。

A-06 Let It Be
 先行シングルとして発売された大ヒット曲ですが、ここには別バージョンが収録されました。それはプロデューサーが違うので当たり前なのですが、両者共に1969年1月31日に録音したものを基本にしております。一番の違いは間奏のギター、それとシングル・バージョンはコーラスが大きく、こちらはブラスが大きいという点でしょうか、その他にも細かい部分はキリが無いほどです。ポールのピアノがミスっている部分はシングル盤の方がはっきりと分かります。ちなみに当時、私の周辺ではこの曲のイントロから伴奏をピアノでこなせると、一種の英雄になれました。それほど難しくは無いので、皆で挑戦していた思い出があります。同じ頃にヒットしていたサイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」のピアノは難しくて、お手上げでしたが……。

A-07 Maggie Mae
 リバプールに伝わる俗謡で、私には良く聴き取れませんが、売春婦の事を歌った内容らしいです。そう思って聴くと彼等の歌い方が下品に思えますが、それにしても前曲の厳かな雰囲気を一発で消し去ってしまうこの曲順は……。ちなみにこの曲は1969年1月24日に録音されたものですが、若き日のビートルズ=クォリーメンはステージでも演奏していたということです。

B-01 I've Got A Felling
 1969年1月30日の屋上での演奏で、映画に使われたのと同じ音源を使用しています。詳しくは「3」を参照にして下さい。

B-02 One After 909
 これも1969年1月30日の屋上での演奏、映画と同じ音源を使用しています。

B-03 The Long And Winding Road
 ポールが作った名曲で、映画の中ではシンプルな演奏だったものが、ここではフィル・スペクターの手により、たっぷりとオーケストラ&コーラスがダビングされ、それがポールを激怒させたと言われております。しかし、この曲は当時、アルバムの中では一番人気だったと記憶しております。それ故、アメリカや日本等では独自にシングル盤として発売され大ヒット、それはやはり臭みギリギリのオーケストラ&コーラスによるところが大きかったと思います。映画で接したバージョンは、リアルタイムでは何となく物足りない感じがしました。ちなみにその映画バージョンは1969年1月31日の録音、このアルバム・バージョンは1969年1月26日の録音を土台にして大改装を施したもので、ダビングの無いバージョンは「アンソロジー3」に収録されております。

B-04 For You Blue
 ジョージの自作自演曲で、本来のタイトルは「George's Blues」、何とも言えない楽しさがあります。バックでジョンのスライド・ギターやポールのピアノが聴かれ、映画でも良い雰囲気で演奏されていました。基本的には1969年1月25日録音のバージョンが使われているようです。個人的にはこれも大好きな曲です。

B-05 Get Back
 すでにシングル盤として発表され大ヒットしている曲ですが、ここに収録されたものは、それとは別バージョンになっております。両方とも、基本的には1969年1月27日に録音したものをベースにしてはいるものの、一番大きな違いはまずイントロ、ここでは曲の前にお喋りやチューニングの雰囲気が入っております。終わり方もシングル・バージョンではブレイクの後に1969年1月28日に録音したものを継ぎ足してフェード・アウトしていきますが、ここでは演奏終了後に映画で使われた1969年1月30日の屋上での演奏の最期の部分、つまりジョンの「オーディションに受かりたい」等々のお喋りを継ぎ足してあります。この雰囲気はやはり「最期」に相応しいような気がして、好きです。

 以上のような曲が収録されたこのアルバムは、ビートルズ解散騒動もあって、爆発的に売れました。アメリカではレコード予約枚数が新記録となり、値段が高い写真集付きの初回盤さえ忽ち売切れ状態、この辺りを今日鑑みれば、ポールの前述の発言は絶妙のプロモーションだったという気さえします。ただ、同時に彼はフィル・スペクターのプロデュース、特に「The Long And Winding Road」に対するオーケストラ等の処理には一貫して異を唱えており、それは後に争われるビートルズの法的な提携関係の解消に関する裁判でも持ち出されることになります。実は皮肉なことに、フィル・スペクターによるこうした大改造が行われていた同じ時期に、ポールは同じ建物内にある別なスタジオで、ソロ・アルバム「マッカートニー」の仕上げ作業をやっていたのです。彼はこのアルバム「Let It Be」の内容は、発売されてから初めて聴いたと主張しておりますが、まさに運命のいたずらなのでした。

【参考文献】
 「ビートルズ・レコーディング・セッション/マーク・ルウィソーン」

(2003.10.02 敬称略・続く)