あらくれ

 所謂「ニューアクション」と呼ばれる一連の作品がスタートした昭和43年以降、しかし日活のメインはそれでも従来路線、つまり自社の青春スタアや若手歌手、あるいは人気GSが出演した歌謡ロマンス、高橋英樹の任侠活劇、そして石原裕次郎や小林旭の娯楽アクション等々が量産されていました。ですから今日、評価が高い「ニューアクション」作品は特異な作風であり、必ずしも会社側から褒められていたわけではないようです。

 例えば現在では大傑作とされる「縄張はもらった」にしても、その先進的な映像表現や演出のカッコ良さが理解されず、悪い映画の見本のように言われていたと、監督した長谷部安春は後に語っています。

 しかし主演した小林旭は、日活の大スタアでありながら、決して従来路線に留まることを潔しとせず、常に観客を喜ばせる新しい作風にチャレンジする気概に燃え、ついには自らの過去の作品をセルフパロディするまでになっていました。そして作られたのが――

あらくれ
(昭和44年6月)
監督:長谷部安春
企画:友田二郎
脚本:山崎巌
撮影:上田宗男
音楽:鏑木創
助監督:白井伸明
出演:小林旭(鬼頭善吉)、和泉雅子(結城みき)
■出演:藤竜也(結城太郎)、葉山良二(貝塚鉄五郎)
■出演:谷村昌彦(松吉)、吉岡ゆり(れいこ)
■出演:町田祥子(芸者まり子)、宍戸錠(用心棒)
■出演:清川虹子(関東嶋岡組・村木)、深江章喜(用心棒)
■出演:戸上城太郎(今野)、太刀川寛(張本)、長弘
■出演:佐々木孝丸(庄田)、杉江廣太郎(前田)
■出演:藤江リカ(ストリッパー)、河上喜史郎(西尾)
■出演:三島一郎(流しの歌手) 他

 さて今回、小林旭が演じるのはC調ヤクザの鬼頭善吉! なにしろ冒頭のタイトルロールからして、賭場でスッテンテンに負けた挙句、子分の松吉=谷村昌彦と阿吽の呼吸で因縁をふっかけ、暴れて逃げ出すという発端から石川県小松市へ無一文で辿り着くのですが、もちろんここは無賃乗車でブタ箱行きです。

 実はこういう経緯の裏には、舎弟の太郎=藤竜也が小松市で上手くやっているという知らせがあったからで、当然、小林旭はそれを頼りの思惑だったのですが、その藤竜也と再会したのは放り込まれた留置場の中! なんと藤竜也はストリップ小屋の支配人になっていたのですが、特出し興行を警察に踏み込まれてのテイタラク……。

 ここは太郎=藤竜也の妹・みき=和泉雅子が貰い下げに現れて、どうやら2人は釈放されるのですが、懲りない小林旭は無一文で温泉に宿泊し、芸者を総揚げしてのドンチャン騒ぎですから、そこで仲居をしている和泉雅子は大迷惑で……。

 という無責任なオトボケを演じる小林旭の鬼頭善吉は、同年4月公開の主演作品で過去のセルフパロディに興じた「やくざ渡り鳥・悪党稼業(江崎実生監督)」に登場の主人公と同一のキャラです。つまり続篇として企画・制作されたはずなのですが、しかし現状は興行成績も評価も芳しくなく、この作品では同じ味わいを継承しながらも、軌道修正が図られています。むろん、そこに「ニューアクション」の色合が強く表出しているのは言わずもがな、長谷部安春監督の起用もムベなるかなという、奇妙で痛快な娯楽作になっているのです。

 それは無一文で遊びに出かけた賭場でのイカサマ勝負から、小松市へ縄張り拡張に乗り込んでいる暴力組織・関西すみれ会にクソ度胸を買われ、地元ヤクザ・庄田組との抗争に巻き込まれていくという展開なのですが、ここは巻き込まれてというよりも、持ち前の調子の良さゆえに自分から一儲けを企む鬼頭善吉というキャラクターが爽快です。

 そして関西すみれ会がレジャーセンター建設を計画している石切場の立ち退き話では、庄田組の代貸・鉄五郎=葉山良二と男の勝負! ここは窮地に陥る小林旭を助ける藤竜也がダイナマイトをボカンボカン炸裂させる登場が、これまた痛快! それに続く2人のシンミリ調の会話の最中にも、ダイナマイトを山峡に放り投げてはボカンボカンの景気の良さという、破天荒な演出が常軌を逸して最高です。

 さらに庄田組の賭場荒らしと関西すみれ会事務所の金庫破りを同時に企てる2人は、それぞれに上手く事を運ぶのですが……。ここは小林旭のアクションに往年のキレがあり、その裏側の思惑も痛快で深遠ですから、観てのお楽しみです。

 しかし藤竜也が金庫破りの仕事をしくじったことから、妹=和泉雅子をダシに使われて苦しい立場に……。一方、小林旭は再会した子分・松吉=谷村昌彦のオトボケ機転もあって、ますますしたたかに企みを広げていきますが……。

 ここまでの流れの中では関西すみれ会の息がかかった芸者のまり子=町田祥子がなかなかの働きで、小林旭とのベッドの中の会話やシャワーシーンという見せ場もたっぷりです。ただしモロなサービスは無く、逆に「秘すれば花」という洒落た演出の映像美学が冴えていますから、ここも観てのお楽しみという雰囲気が最高♪

 また藤竜也の情婦でストリッパー役の藤江リカも好演♪ もちろんストリップの場面はありますが、過大な期待は禁物ながら、ヒモの藤竜也に下着を洗わせたり、味わい深い演技は流石です。苦労が染みこんだケバイ美貌にも、何故かグッときますよ。

 ということで、後半はいよいよ関西すみれ会の会長・今野=戸上城太郎が登場し、その用心棒が宍戸錠と深江章喜という豪華版です。また女侠客=清川虹子も「お約束」の存在ながら、その演技の熱さはヤクザ映画の王道として強い印象を残します。

 そして後半は哀しい女の宿命に翻弄される庄田の養女・れいこ=吉岡ゆりが、育ての親を裏切って結局は男に捨てられ、下着姿に剥かれてレイプという素晴らしい展開が如何にも映画的な王道の楽しみです。また藤竜也と和泉雅子の兄妹も、せつない運命……。

 それを救った関東嶋岡組の姐さん=清川虹子も宍戸錠と深江章喜のニヒルな2人組に冷酷に殺害され、敵討ちを図った藤竜也も十八番の殺され方が最高の見せ場という名演です。

 こうしてクライマックスは小林旭と葉山良二が殴り込みの道行きとなり、そのバックには小林旭が歌う「あらくれ義兄弟」が堂々と流れるという、高倉健と池辺良の「昭和残侠伝」も真っ青の東映調! 今となってはパロディだとか、笑ってしまう演出と受け取られますが、リアルタイムでは大真面目にウケていたと思います。ちなみにこれは、会社側から長谷部安春監督への要請だったと言われているのですが、いろいろな意味で味わい深い演出じゃないでしょうか?

 さらにキメのアクションシーンでは、小林旭のダイナミックな動き、葉山良二の男の生き様、さらに躍動的なカメラワークと演出が冴えわたりです。もちろん悪人達の死に様も見事に芝居の本質を体現しています。これがヤクザ&アクション映画の素晴らしさでしょう。

 しかも結末に至る小林旭の颯爽として任侠映画の王道を行く演技・演出♪ なんともカッコ良く、せつなくも後味が悪くないのはプログラムピクチャーの本質だと思います。現実的には残された鉄五郎の息子の存在とか和泉雅子や藤江リカの悲嘆、あるいは女侠客の憤死……等々には、所謂日活ニューアクションと断定出来ない、些か旧態依然とした雰囲気が漂います。しかしそれが必要以上に泥臭くなっていないのは、長谷部安春監督ならではのスタイリッシュな感覚の冴えだと思います。

 そのあたりは地方ロケ作品ということで、小松市や粟津温泉とのタイアップがイヤミ無くサラリとした印象になっていることでも明らかで、地元の祭の華やかさと小林旭のスタア性が上手く重なるラストシーンも鮮やかです。

 また銃弾でドスを折られた小林旭が、相手の足に突き刺さっている刀を抜き取って逆襲に転じるアクションは、これ以降、世界中の様々な作品にパクられ、転用された演出として有名です。サイケおやじ的な視点からすれば、美味しいサービス場面が不足気味ながら、やはりこれも傑作!

 一言の台詞も無い宍戸錠や深江章喜のクールな凄みが強い印象を残すのも流石ですし、小林旭&長谷部安春のコラボレーションとしては傑作「爆弾男といわれるあいつ(昭和42年6月)」の味わいも濃厚に継承している、見事な日活ニューアクションだと思います。


参考文献:Hotwax Vol.1 & Vol.5 (ウルトラ・ヴァイヴ)

(2008.04.27 敬称略)