ス ケ バ ンひふあいうえおさし
女番長ゲリラ

 池玲子という最高の素材を発見して本格的にスタートした「東映ポルノ」路線は当初、「女番長」と「温泉芸者」の両シリーズが並立していました。しかし当時、若かったサイケおやじにとっては、やはりスケバン&ズべ公の怖くて綺麗なお姉さま達が出る前者を好んでいたのです。

 そして待望、シリーズ3作目となったのが――

女番長ゲリラ (昭和47年8月・東映)
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原案:小山裕久
脚本:皆川隆之&鈴木則文
撮影:赤塚滋
音楽:津島利章
助監督:清水彰
出演:杉本美樹(幸子)、池玲子(ナミ)
■出演:衣麻遼子(リカ)、城恵美(ユキ)
■出演:小林千枝(ウッコ)、丘ナオミ(おケイ)
■出演:本木リンダ(リンダ)、女屋実和子(タツミ)
■出演:ひろみどり(ヤス)、司京子(カズコ)
■出演:穂積カヤ(ノブコ)、成瀬正孝(一郎)
■出演:水島道太郎(八田)、三浦夏子(チヅコ)
■出演:林彰太郎(中原)、安部徹(筒井)
■出演:あがた森魚、カシアス内藤(浜口)
■出演:名和宏(エロ坊主)、三原葉子(色情尼)
■出演:鳳啓介、京唄子、大泉滉(宣教師)
■出演:田中小実昌、岡八郎(ニセ医者) 他

 揃いの赤いメットでハイウェイをブッ飛ばす4人の女ライダー達は、「新宿赤ヘル団」と名乗る、最高にイカしたズベ公グループですから、忽ちチンピラバイク集団にちょっかいを出されてしまいます。

 しかしリーダーの幸子=杉本美樹がツナギのジッパーを下ろすと、そこには良い感じにボリュームのある乳に赤い薔薇の刺青がっ! そしてスカッとした啖呵を切れば、チンピラ達は既に腰抜け状態ですから、急所に強烈な膝蹴りを受けたりしてヘロヘロにやられてしまうという、実にカッコイイのがタイトルロールからの展開です。

 荒磯に波がどっぷっ〜ん、という東映三角マークの初っ端からバリバリにバイクの爆音が咆哮し、さらにジャズファンクなインストのテーマ曲にも、ワクワクさせられますねぇ〜♪ これは素晴らしきバイカームービーなんですよっ!

 という彼女達は杉本美樹以下、ユキ=城恵美、ウッコ=小林千枝、リンダ=本木リンダというイケイケのセクシーガールズですが、目指す京都に着いた時には無一文……。そこで早速、美味しいシノギを始めるのですが、もちろん地元スケバン連合との対立は「お約束」です。

 ここまでの流れでは、杉本美樹が岡八郎に強引に体を売ろうとしたり、小林千枝が田中小実昌を相手に一戦交えたりという見せ場が実に楽しいところですが、なんとも不器用な杉本美樹が逆にセクシーという素晴らしさ♪ ノースタントでバイクをブッ飛ばすのも高得点です。ちなみに当時はヘルメットの着用が義務付けられていませんでした。

 そして彼女と京都スケバン連合総番長のリカ=衣麻遼子が、乳や太股も露わに壮絶なキャットファイトを繰り広げるのも、たまりません。もちろん、その前段としてのスケバン仁義も、完全に東映という演出です。また衣麻遼子の凶悪な女王様という雰囲気も素晴らしいですねぇ〜♪ その彼女のプロフィールは――

衣麻遼子(えまりょうこ)
 京都生まれで高校卒業後の昭和45年、鈴木則文監督にスカウトされ、「徳川セックス禁止令・色情大名」にちょい役で出演した後、この「女番長ゲリラ」から本格的に活躍していきます。それは杉本美樹や池玲子に対抗する悪役キャラとして、そのクールビューティな魅力を全開させ、シリーズを通じての準主演といって過言ではない印象を残しています。
 また東映では実録路線にも出演していますが、初主演作品は、昭和51年の日活ロマンポルノ「あの感じ(林功監督)」でした。彼女の人気は怖い美しさかもしれませんが、個人的には妙にベタベタした色っぽさも素敵だと思います。
 ちなみに、そういうイメージを覆したというか、昭和49年頃には関西系のスポーツ紙に小説を連載したり、英語やフランス語も堪能なところから、貿易関係の仕事もやっているそうですから、なかなかの才女というわけです。

 そして、そういうキャラですから、杉本美樹に屈伏したと見せかけての居直りも最高! 太股に隠し持っていたナイフを握り、ジリジリと杉本美樹に迫る彼女に同調する京都スケバン連合のズベ公達! もちろん新宿赤ヘル団は強気を通しますが、もはや絶体絶命です。しかし、その時――

 「いい加減にしなっ!」

――、ビシッとした仲裁の台詞から登場するのが前・総番長のナミ=池玲子! どうやら一部始終をビルの屋上に通じる螺旋階段の上から見ていたという設定なんですが、その場のスベ公達の「ナミだっ、ナミが帰ってきた」という台詞が最高のダブルミーニングなのは言わずもがなでしょう。

 実はご存じのとおり、池玲子は昭和46年7月、日本のポルノ女優第1号として華々しく東映に売り出され、デビュー作「温泉みみず芸者」から続けて製作された「女番長ブルース・牝蜂の逆襲(昭和46年10月・鈴木則文監督)」「現代ポルノ伝・先天性淫婦(昭和46年12月・同)」「女番長ブルース・牝蜂の挑戦(昭和47年2月・同)」といった主演作を大ヒットさせながら、その人気絶頂時、もう脱がない宣言という、勘違いのお決まりコース……。そして昭和47年6月、歌手への転向を図ったのですが、その稚拙な歌唱力では上手くいくはずもなく、結局は東映に詫びを入れ、その最初の復帰作が、この「女番長ゲリラ」だったというわけです。

 う〜ん、それにしても、この登場シーンのカッコ良さというか、螺旋階段をゆっくりと降りてくる演出の厚遇は、彼女の我儘に怒り心頭のコメントを出していた鈴木則文監督や天尾完次ブロデューサーの本音とは別のところにあったのでしょうか。いや、しかし池玲子という素晴らしいスタアの存在感と潔い詫びの態度を見せつけられては、過去を水に流してのビジネスということでしょうか。

 そのあたりは池玲子も重々承知のスカッとした演技ですから、モヤモヤを感じさせないのは流石だと思います。

 ちなみに劇中での池玲子は、ある事情から京都を離れることになり、総番長の座を衣麻遼子に譲ったという設定ですが、実は彼女の実兄が地元のヤクザ組織である筒井組の幹部・中原=林彰太郎ですから、これが物語展開のひとつのキモになっています。

 また当然、京都スケバン連合は筒井組の配下にあって、シノギや上納金で様々なトラブルが付きまとうのですが、そこには互いにソリが合わない東京と京都のズベ公達の心情、そして杉本美樹と池玲子の意地の張り合いがあるのは、分かっちゃいるけどやめられないお楽しみ♪ 特に反抗的な杉本美樹が随所に見せるハードな表情が、実に良い味出しまくりですよ。

 さらに杉本美樹VS池玲子という決定的な「お約束」として、河原から川の中へと展開されるキャットファイトも本気度が高く、カメラワークもロングショットや東映らしくない長回しがド迫力を演出しています。そして2人の邂逅と奇妙な女同士の友情も、また♪♪〜♪

 こうして総番長の座についた杉本美樹は、大胆にも人気タレント坊主の名和宏と色情尼の三原葉子の密会現場をネタに恐喝を仕掛け、まんまと大金を手にするのですが、結局は衣麻遼子の裏切りから筒井組に稼ぎを奪われ、ついに収まりのつかない杉本美樹は池玲子の実兄・中原=林彰太郎を単身で襲撃! しかし、上手くいくはずもなく……。

 そして、そのピンチを救うのが、新進プロボクサーの一郎=成瀬正孝という展開は、まさにプログラムピクチャーの醍醐味でしょう。分かっていはいるんですが、この安心感が、実に心地良いわけです。さらに続けて2人のラブロマンスが描かれるのも当然が必然! 飲みながらの会話からホテルでのベッドシーン、さらに終わった後の身の上話や意地の張り合いも、観ていて恥ずかしくなるような青春の血の滾りというか、和みます♪ また、ここでも杉本美樹の自然体の不器用さが良い感じ♪♪〜♪

 ちなみにスナックでのシーンでは当時、大正ロマン〜昭和初期のムードが色濃いレトロ調歌謡フォーク「赤色エレジー」をヒットさせていたあがた森魚が実名で登場しますが、その歌詞の内容は林静一が昭和45年から漫画雑誌「ガロ」に連載していた同名作品をモチーフにした幸子と一郎の物語ですから、実はこの「女番長ゲリラ」は歌謡映画でもあるんですねぇ〜♪ もちろん劇中では「赤色エレジー」をせつせつと歌う名場面が用意されています。

 さて後半は、そんなこんなで京都に居づらくなった新宿赤ヘル団の面々が、一郎=成瀬正孝が合宿している伊豆へと後追いの逃避行で舞台は一転しますが、もちろんそれは杉本美樹の一途な恋心の発露に他なりません。

 しかしそこにも筒井組が現れ、なんと成瀬正孝の暴力をネタに八百長ボクシングを目論むのですから、杉本美樹も責任を痛感し、池玲子と共に反逆の戦いを挑むという展開の中に、不条理と哀切の名場面がテンコ盛り!

 成瀬正孝は無残に殺され、捕えられた杉本美樹や池玲子、またズベ公達へのリンチも凄惨を極めますから、ゾクゾクしますよ♪ 特に杉本美樹は極小下着姿で鎖に縛られ、ピシピシに打たれ、ドテ焼きやミミズ腫れの姿を完全披露する大熱演! しかも苦悶の表情が反抗する心と刹那の快楽に揺れ動く演出になっているのは、流石、鈴木則文監督だと思います。また杉本美樹の役者根性も凄いですよ。

 こうして、いよいよクライマックスは杉本美樹と新宿赤ヘル団、それに加勢する池玲子の復讐劇!

 まずは裏切った衣麻遼子を捕え、バイクで引き回すというスベ公バイクグループならではの制裁は、杉本美樹のノースタントのライディングが良い感じです。

 ちなみに劇中では街中や郊外の幹線道路をバイクで疾走する彼女達の姿も、なかなか魅力的ですが、まあ、このあたりはリンチの場面にしろ、実際にはそれほどやっていないとはいえ、そういうシーンを撮るという心意気が最高! ちなみに警察の許可なんか、おそらくは無かったんじゃないでしょうか。

 そして単身、爆弾を抱えて筒井組の親分=安部徹以下の幹部連中を襲撃する杉本美樹の緊張感がいっぱいの演技・演出も素晴らしい限り!

 また気になる池玲子の存在は、結論から言えば、お目当ての美味しい場面はそれほど演じていません。裸に剥かれて安部徹に蹂躙されるシーンが、ほんの少しあるぐらいです。しかし物語の流れの中では筒井組の幹部として、事ある毎にスベ公達を搾る実兄・中原=林彰太郎との心情的な繋がりや反目が、相当に哀しい兄弟愛という、如何にも東映らしいドロ臭さで結果オーライでしょう。杉本美樹への助っ人としての役割には、劇中劇という面白さもあると思いますし、林彰太郎もシブイ名演です。

 ということで、物語展開は上記のような流れになっていますが、実は作品の密度は、ここで紹介した以上に濃く、随所に美味しい場面や大爆笑のシーンがギュウギュウ詰めです。

 例えば途中から仲間に入る不良見習い尼のおケイ=丘ナオミには怖い素人の刺青入れとか、名和宏と三原葉子による破戒セックスの粘っこさ、また宣教師=大泉滉とセックスが大好きなズベ公の小林千枝がテントの中で絡み合う背徳、そしてチンピラ達の悲哀……、等々が、如何にも反骨の鈴木則文監督らしい演出で、実に面白可笑しく繰り広げられるんですから、これも女番長的日常生活の大サービス♪

 そして、この作品の成功により、池玲子と杉本美樹のツートップ体制が確立、そこに絡むライバルとしての衣麻遼子の存在感が、以降の東映ポルノ路線のひとつの柱になっていくのですから、例えB面作品であったとしても、侮れません。

 そこにはリアルタイムで急速に人気を集めていた日活ロマンポルノとの戦いもあり、今となっては日本映画の熱気がストレートに感じられる作品群が続々と作られていました。もちろん、そうしたフィルムは低予算でしたし、決して表だって評価される事もありませんでしたが、現在では絶対に作ることが叶わないのは、言わずもがなです。

 そして杉本美樹の魅力って、やはり反体制やツッパリの中にも女心のあれこれを不器用に演じていたことでしょうね。それと劇中で流れる「女番長流れ者」は彼女が自ら歌ったスケバン歌謡の大名曲♪♪〜♪ 後に正式なシングル盤として発売されますが、ここではフィルムバージョンというのも要注意でしょう。しかもレコードでは作曲が水木京子となっていますが、フィルムのクレジットでは荒木一郎!

 と言うように、なかなか奥が深いわけですが、それにしても、こういう娯楽優先主義の映画は本当に最高ですねぇ〜♪

(2009.09.26掲載・敬称略)