暴行切り裂きジャック

 大信田礼子主演による「はまぐれリカ」シリーズの第2弾! これはもちろん、前作「夢は夜ひらく」の大ヒットから続くプログラムピクチャーの美しき流れです。しかもここでは大信田礼子が完全に主役となった物語になっていますから、当時の彼女の人気のほどをご推察願います。

すべ公番長・東京流れ者(昭和45年12月・東映)
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫&高村賢治
脚本:宮下教雄&山口和彦
撮影:中島芳男
音楽:津島利章
助監督:深町秀熙
出演:大信田礼子(景山リカ)、賀川雪絵(マリ)
■出演:橘ますみ(八尾長子)、集三枝子(センミツ)
■出演:宮城千賀子(ガセ寅の蘭子)
■出演:夏珠美(おたま)、渡瀬恒彦(常次郎)
■出演:左とん平(ジミー=ツナオ)、南原宏治(黒江)
■出演:上田吉二郎(錦本)、円山理映子(なおみ)
■出演:佐藤晟也、人見明(チョボ松)、小林稔侍
■出演:六本木はるみ(はるみ)、南利明(監獄医)
■出演:沖田駿一(ケン)、トリオスカイライン
■出演:藤山浩二、由利徹(おもちゃ工場課長)
■出演:須賀良、太宰久雄、相川圭子 他

 さて、今回も影山リカ=大信田礼子が女子更生施設「赤城学園」で生活している場面から物語は始ります。それはスケベな監獄医=南利明のトボケた身体検査という、いきなりの美味しい場面♪ 大勢の女子収容者が、官物支給の色気が無い下着姿で並んでいるところは、あらぬ期待にワクワクさせられます。

 そしてここは、仲間のひとり・メリーが検査を嫌がった事から大信田礼子が怒りの反逆で、南利明がずべ公収容者達から逆に剥かれて強チン状態! 実はこうなったのもメリーが妊娠しており、しかも彼女の恋人・トミーは少年院に収容されている事から、なんとか面会して今後を相談したいと希望するのですが、もちろんこんな願いは叶いません。

 そこでもちろん、彼女を逃がすために大信田礼子が先導しての騒ぎが勃発! 熟女の看守が下着姿に剥かれて浴槽に放り込まれたり、下着姿の女子収容者達が雨の中を集団逃走したりという、「お約束」の場面が描かれますが、この流れも決してリアルな雰囲気ではなく、ドタバタ系♪ あきらかに梅宮辰夫主演「不良番長シリーズ」のずべ公版という作りが感じられると思います。しかしここは、高い塀を乗り越える時の太股やヒップの躍動感、あるいは雨に濡れた下着が透けて……♪ というようなスケベ心を刺激する演出が上手いところです。

 ちなみにこのシーンがタイトルロールになって、大信田礼子が歌う「東京流れ者(作詞作曲:石坂まさを)」が不安定な歌唱力と低音を活かしたボーカルの魅力で、なかなか良い感じ♪ ずべ公歌謡ど真ん中です。

 こうした騒ぎがあって1年後、めでたくシャバに戻った大信田礼子は、おもちゃ工場で働いていますが、仕事は呆れたミスばかりとあって、担当課長=由利徹からは叱責ばかり……。しかし流石は由利徹、ちゃ〜んと彼女の脚線美にヨダレの視線から、2人だけの時間を持ちかけるのですが、ここも大信田礼子が怒りの反逆で、仕事はクビに!

 そしてヤサグレた彼女が行き着く先は新宿というのが、東映東京の「お約束」です。さらにここでチョボ松=人見明にスカウトされ、テキヤ稼業に入る大信田礼子が、ガセ寅一家の玄関で切る仁義はジーパン姿も凛々しく、なかなかキマッているので拍手喝さい! もちろんそれを受けるガセ寅の蘭子=宮城千賀子も姐さんとしての手慣れた貫禄が良い感じです。

 しかしガセ寅一家は新興の黒江組に押されて落目の三度傘……。さらに黒江=南原宏治は錦本=上田吉二郎を後ろ盾にしてガセ寅一家の縄張を狙っているというのに、肝心の姐さん=宮城千賀子はホストクラブ通いでジミー=左とん平に夢中ですから、いやはやなんともです。

 もちろんシリーズでは左とん平の正体は八尾長子=橘ますみの内縁の夫という羨ましい設定ですから、ここは2人で宮城千賀子に変則美人局を仕掛けるのですが、逆に凄まれて吃驚仰天! まあ、このあたりは左とん平がモテモテ男ということからも、作品全体にお笑いテイストが滲んでいますが、それにしても宮城千賀子がモロ肌の刺青姿は、流石だと思います。

 こうしてガセ寅一家にやって来た橘ますみと大信田礼子は、前作「夢は夜ひらくからの繋がりでダチとの再会です。そして同じくセンミツ=集三枝子(つどいみえこ)、ニューハーフのはるみ=六本木はるみ、「赤城学園」で仲間だったおたま=夏珠美が追々に集まり、賑やかにテキヤ稼業が始るのですが、その裏では……。

 まずセンミツ=集三枝子は今回、ソープ嬢なんですが、恋人の沖田駿一は黒江組の下っ端で、ヤクザ稼業から足を洗いたい決意ながら、その為には百万円が必要とあって、彼女も仕事に一生懸命! ちなみに劇中の仕事はソープ嬢と書きましたが、当時はトルコ嬢と称されていたのが本当で、スチームバスとサービス満点のマッサージがメインでしたから、現代の浴室サービスとは異なるのですが、「トルコ」という名称にクレームが付き、ソープランドと改称したあたりから、堂々と泡付きのサービスが本格化してしまったようです。

 まあ、それはそれとして、ここは集三枝子の下着姿が最高に良い感じ

 また黒江組の悪企みは着々と進行しますが、それに関係の深いクラブのママ・なおみ=円山理映子が大人の女の魅力たっぷり♪ 落ち着いたお色気と如何にも悪女という美貌が、私は最高に好きです。

 そして秋の神農祭になれば、なんとネタの卸業者が黒江組の圧力でガセ寅一家に品物を売らないという嫌がらせです。それでもなんとか、ずべ公達の機転によってネタを仕入れ、いよいよテキヤ稼業も絶好調! 大信田礼子のタンカバイも一生懸命に手抜きしない芸風で好感が持てますし、人見明も良い味、出しまくりです。

 また左とん平と橘ますみは夫婦で下着売り♪ もちろん橘ますみは嬉しい下着姿ですから、ここは見てのお楽しみ♪ 夏珠美はバナナの叩き売りです。

 しかしこれが面白くない黒江組は嫌がらせで喧嘩を仕掛け、ずべ公達も危機一髪! ただしここへ助っ人に現れるのが渡瀬恒彦という、全くの「お約束」が心地良い限りですが、実は物語冒頭で大信田礼子の窮地も救っていたというカッコイイ奴! しかも蘭子=宮城千賀子の実子だったというドロ臭い設定には、素直に痺れるのが得策でしょう。

 物語はこの後、懸命に働いた集三枝子が恋人=沖田駿一に必要な百万円を用立て、いよいよ2人は北海道へ帰って結婚する決意を固めますが、ヤクザから足を洗う最後の条件として、沖田駿一はガセ寅の蘭子を始末する仕事を引き受けてしまうのです。

 ここはずべ公ながら純情シンミリの展開に胸キュンですし、蘭子=宮城千賀子の惨殺、さらに非情な結末に涙ウルウル状態……。上野駅と鍋物の対比という不思議な映像演出も、ストレートにキマッています。う〜ん、それにしても集三枝子の哀切の演技が絶品ですねぇ。

 こうしてクライマックスは、何故かその場に突然現れたマリ=賀川雪絵とセンミツも交えた殴り込み! 真紅のマキシコートでビシッとカッコイイ大信田礼子、賀川雪絵、夏珠美、橘ますみ、集三枝子、そして六本木はるみの6人衆は、娯楽映画の様式美をきめこんだ決定的な演出になっています。

 さらに黒江組でのアクションシーンでは、そのマキシコートを脱ぎ捨て、これも揃いのジーパン&Tシャツ姿で大暴れ! 正直言えば、こういう場面こそ、ミニスカでやって欲しいのがファンの願いです。しかしそれでもドスを振り回して派手な立ち回りのずべ公達は魅力がいっぱい♪ 揺れる乳、悲鳴と絶叫、そしてガチガチの台詞! これが映画の楽しみでしょう。ちなみにここはノーブラ疑惑の女優さんもいらっしゃいますので、じっくりとご覧下さいませ。

 また一番良いところで颯爽と現れ、美味しいところを持っていく渡瀬恒彦もニクイところでしょう。もちろん現場の騒ぎをひとりで被って警察に逮捕されるのは、任侠映画の王道ですし、大信田礼子の淡い恋心もクサイ演出の決定版♪

 ということで、完全にド演歌テイストで煮〆られた作品だと思います。これぞ、東映の味わい! 全く同じ新宿を舞台にしていながら、日活の同系作品とは全然、違うんですねぇ。しかしそれが大信田礼子にはジャストミートしていると思います。歌謡映画、万歳! 劇中には他にもムード歌謡コーラスのジ・アースが隠れ名曲「長崎こころ」を歌ってくれますし、「赤城学園」のずべ公収容者達が風呂場で「兄弟仁義」を合唱したり、いや〜ぁ、昭和歌謡曲って、本当に素敵です♪

 共演者も芸達者な面々が揃い、トリオスカイラインや人見明、由利徹に南利明といったコミックリリーフ陣は強烈ですし、宮城千賀子も派手にトボケてホロリとさせる、何でもこざれの芸風を全開させています。

 ただし惜しむらくは、敵対するすべ公が登場しないことです。ミニスカでのハイキックとか、そういうパンツ見せが無いのも減点……。それでもずべ公達の寝乱れ姿ミニスカでの雑巾がけ等々には、ちょっと気持ちが高揚してしまいます。

 ご都合主義が目立つストーリーも、まあ、このあたりはプログラムピクチャーの宿命というか、同時上映が「昭和侠客伝・昇り竜」でしたから、B面作品には軽くいものが作られたのでしょうか? それゆえにテンポが良く、観ていて疲れない良さがあると言えば、贔屓の引き倒しでしょうか。とにかく大信田礼子の魅力は絶大なのでした♪

(2008.05.30 敬称略)