原作・団鬼六「やくざ天使」より
縄地獄

 正統派SM物語に欠かせない登場人物が、ヤクザ者です。また必然的に裏社会を舞台にした作品も数多くありますから、そういう設定がヒットエリアと重なる映画界にはうってつけ♪

 これもそうした中の1本で、原作は団鬼六が昭和44年に書下ろしで発表した中篇「やくざ天使(芳賀書店)」です。しかしこれは、小説としての纏まりはあるものの、SM描写に団鬼六ならではの粘っこさとかエグミが物足りず、このあたりは当時連載中だった「花と蛇」が、その圧倒的な期待とは裏腹に内容が低調だった事と一脈通じる事情があったのかもしれません。

 しかし原作を改変するのが当たり前の映画シナリオにとっては、そのあたりが上手い按配というか、原作の基本設定はそのままに、登場人物のキャラを入れ替え、上手く仕立て上げたのが、これです――

縄地獄
(昭和53年6月)
監督:小原宏裕
製作:結城良煕
企画:奥村幸士
原作:団鬼六「やくざ天使」
脚本:今野恭平&小原宏裕
撮影:仁村秀信
音楽:月見里太一(=鏑木創)
出演:谷ナオミ(秋子)、青木奈美(町子)
■出演:井上博一(才治)、高木均(花村)、藤健次(五郎)
■出演:南寿美子(絹代)、日野道夫(井沢)、溝口拳
■出演:佐藤了一、橘田良江、賀川修嗣 他

 物語は3代続く任侠道の名門・南原組の葬儀の場面から始まります。そこには故人となった組長の娘・秋子=谷ナオミの喪服姿が妙に艶めかしくあって、彼女と結婚した者が組の跡目を相続するのが衆目の一致するところです。

 それには2人の候補があって、まず組長子飼いの五郎=藤健次、また一方が流れ者でありながら、組では人望が厚く、既に谷ナオミと恋仲になっている才治=井上博一です。

 そしてその夜、焦った藤健次が谷ナオミをレイプしそこなった事から、組を追放され……、というのが発端となるのです。

 ここは喪服姿の谷ナオミの襲われる演技が控えめな名演で、乱れる和服からこぼれる太股の雰囲気や嫌がりと抵抗の按配が本当に上手いと思います。もちろん声をたてさせないように猿轡、豊満な乳も露わになりという展開が光と陰を上手く使って演出され、これがタイトルバックになるという名場面♪ タイトルどおりに「縄」も出ますから、いきなり、たまりません♪

 しかし谷ナオミが必死で逃げ出したところから組内は騒ぎとなり、渡世の掟どおり、藤健次は指を詰めさせられるのですが、ここは指に当てたドスを木槌で叩いて指を落とす場面が凄まじく、また藤健次の潔くない演技も秀逸です。なにしろ怯え心で指を切りそこね、苦しんでいるところを井上博一が拳銃で残った指を撃ち飛ばすというあたりは、完全に日活ニューアクションの流れを見事に継承した演出ですからっ!

 こうして南原組を追われた藤健次を拾い上げるのが、悪徳暴力金融業者の花村=高木均です。もちろん跡目が決まらない南原組の縄張を狙っているのは言わずもがな、藤健次も自分の非は棚に上げて復讐を目論むのでした。

 で、最初の標的が、南原組代貸・井沢=日野道夫の後妻=南寿美子が営む小料理屋です。そして法外な利息の借金取立てから娘の青木奈美を誘拐監禁して、その後は……♪ ちなみに彼女は、当時人気絶頂だったピンクレディのケイちゃんに面立ちも雰囲気もソックリで、「ロマンポルノのケイちゃん」として売り出された新人でした。

 その彼女は母親の苦境を知って、唯々諾々と悪漢達の餌食になるあたりは、やや安易かもしれませんが、その場が土蔵の中とあって、光と陰を上手く使った責めの場面の映像は粘っこく、執拗な迫力があります。素人っぽい演技が、嫌がりの部分では逆にリアルというあたりも、良いですねぇ〜♪

 縄も本気度が高く、細身の肉体がギリギリと縛られるのも、なかなか良いもんだっ! と認識させられます。もちろん猿轡や屈辱の写真撮影、そして拘束した彼女を犯す男の背中で蠢く刺青も、妖しく淫靡な雰囲気に溢れています。

 さらに立ち縛りのまま、無理矢理に食事を口に押し込まれたり、一晩中我慢を重ねた尿意を堪えきれずに悶えるあたりも素敵です。またここで、嬉々として彼女の下腹部をモミモミする高木均のエロおやじぶりも痛快! もちろん最後には堪えきれず……♪ それは結果的に立ちションですから、意のままにならない烈しい迸りが高木均のズボンを汚してしまい、尚更に峻烈な責めへ追い込まれるのです。

 物語はこうして苦境に陥った母娘を救うべく、谷ナオミ姐さんが勇躍、花村の事務所に乗り込んで話を着けようとするのですが、ここは博奕の勝負でカタをつけるのが任侠映画のお約束! もちろんイカサマで谷ナオミが負けるのも定石どおりです。

 そして続けて様々な責めを受ける彼女は、完全に薬籠中の名演ばかりです。

 まず、着物を剥がされ、青竹を使って開脚縛りにさせられた彼女が浴槽に浸けられ、その中に夥しい鯉が放たれる場面が、いきなりのハイライトです。もちろん秘部が刺激されて……♪

 また縄張を失って路頭に迷う南原組のチンピラが、花村の支配下に入る忠誠心を試される踏絵として、彼等にとっては姐さんである谷ナオミの剃毛を命令されるあたりも、日活ヤクザ映画ならではの演出だと思います。

 そして谷ナオミの豊満な肉体にギチギチと縄がかけられていく描写も烈しく、質量感のある乳が撓み、強引に開脚された彼女を責めまくる藤健次の屈折した愛情表現も、羨ましいかぎり! そのまんま、熱っぽい犯しに移行していく演出も抜かりがありません。嫌がりから愉悦の刹那に追い込まれていく谷ナオミの演技も自然体です♪

 物語はこの後、窮地に陥ったヒロインを救出しに殴り込むという、任侠物の「お約束」を実行する井上博一の出番となりますが、なんと簡単に捕らわれてしまうんですねぇ……。まあ、それも「お約束」ではあるのですが♪

 結局、悪漢達の宴席に縄姿で引き出された2人は、屈辱に顔も歪んでいますが、ここで谷ナオミが浣腸を打たれるんですから、たまりません♪ 苦悶と羞恥に耐える彼女の身のこなしや表情は、これまでのSM作品ではお馴染みの名演技とはいえ、やっぱり良いとしか言えない、素晴らしきマンネリズムでしょう。まずはじっくりと堪能するしかありません。

 ということで、これは任侠SMの王道を行く作品ですが、谷ナオミ主演作品としては、些かテンションが低いというのが、正直な感想です。

 しかし負けないと話が進まない博奕の勝負を律儀な緊張感で演出したり、指を詰めさせられた逆恨みとして、井上博一のイチモツに拳銃を押し当てる藤健次の執念の演技あたりには、日活ニューアクションの名残が確かにあって、好感が持てます。ヒロインの谷ナオミが全く颯爽としていないのも、その影響でしょうか。

 そしてその意味で、悪徳金融業者を演じた高木均は、日活SM物の大傑作「貴婦人縛り壺」での色惚け地主も印象深い名演でしたが、ここでは下品で滑稽なエロヤクザを存分にやってしまった、名演の中の大名演でしょう。こういう役者がいるからこそ、作品に味が出るという、これも成人映画の楽しみのひとつだと思います。右に掲載のカットで、谷ナオミの着物を嬉々として剥がしているのが高木均、その人です。まあ、一般にはムーミンパパの声優として有名ですよね。

 さて、物語の結末には、倦怠感に満ちたせつなさが用意されています。谷ナオミを巡る2人の男=藤健次&井上博一は、それぞれに彼女へ愛を捧げた結末が余韻を持って描かれるのですが……。

 実はそんなことは、どーでも良いと言わせてしまうのが、この作品における谷ナオミの様式美の強さです。ズバリ、分かっちゃいるけど、止められないというのが本音でしょう。熟れきった肉体も崩れ落ちる寸前という刹那の魅力があり、女侠客としての意地を通さなければならない宿命とカタギの世界への憧れが、ある種の諦観としてMの本性に繋がっていくという、これは全く、谷ナオミでしか演じることが許されない世界です。

 また共演した青木奈美の痛々しい部分、自然体な無垢を感じさせる涙……等々は、実際の撮影現場におけるハードな演出から来たものかもしれず、ちょっと捨てがたい魅力があります♪ しかしそれゆえでしょうか、この作品だけで姿を消したのは残念でした。

 以上、これは傑作・秀作が多いロマンポルノの中にあって、決して名作とは言いがたいのですが、それでも充分に平均点はクリアしていると思います。小原監督の演出は温故知新を大切にしたものですし、自己の役柄に成り切った出演者それぞれの名演が味わい深いと思います。


(2007.03.29 敬称略・参考文献:「永遠のSM女王・谷ナオミ / コアマガジン」)