the rolling stones song chornicled
転石音盤史
1965 part 33

■Fourteen (Decca LK4695:mono)
England's Greatest Hits Makers (London LL3430:mono / PS430:simulated stereo)
発売日:1965年5月21日(英・米)
A-1 Surprise, Surprise / The Rolling Stones
A-2 Soon I'll Wed My Love / Kathy Kirby
A-3 Little Girl / Them
A-4 Kiss, Kiss / Tom Jones
A-5 Sandstorm / The Mike Lender Orchestra
A-6 Woman From Liberia / Unit Four Plus Two
A-7 Forget Her / Bern Elliot
B-1 Maureen / The Bachelors
B-2 Nothing's Changed / The Zombies
B-3 Just One Look / Lulu And The Luvvers
B-4 Tomboy / The Johnny Howard Band
B-5 This Diamond Ring / Billy Fury
B-6 Baby's In Black / The Applejacks
B-7 He's With You / Dave Berry
 デッカ・レコードが企画したチャリティ・オムニバス・アルバムで、参加メンバーは当時の同レーベルに所属していた人気者達です。
 ストーンズの曲は「A-1」のみで、もちろんアメリカでは「The Rolling Stones, Now !」に収録され、既に発売されていたものですが、イギリスではここで初出となりました。
 また、このアルバムはアメリカでは「England's Greatest Hits Makers」のタイトルで発売されていますが、内容は同一ながら、ステレオ盤は擬似ステレオ仕様になっています。

Satisfaction / The Under Assistant West Coast Promotions Man
発売日:1965年5月27日(米) (London 9766:mono)あなはまや
 ストーンズの、と言うよりも、全ロック史上に燦然と輝く永遠の聖典が、シングル盤としてついに発表されました。しかも完全なるアメリカ先行! いよいよストーンズが全世界を制覇した瞬間です。もちろんA面曲はチャート1位の大ヒットになっています。
 またB面曲は、ストーンズ流のブルースロックで、これも最高♪

(I Can't Get No) Satisfaction : original mono-mix
作者:Mick Jagger & Keith Richards
製作:Andrew Oldham with Jack Nitzsche & Dave Hassinger
録音:1965年5月12-13日、ハリウッドのRCAスタジオ
共演:Jack Nitzsche (per)
 ストーンズ初の全米チャート1位曲というよりも、これ無くしてはロックは語れないという歴史の一部です。曲そのものは覚えやすいリフを使った単純なものですが、そこに付けられた「満足出来ないぜっ!」という歌詞が、ロックンロールの原点と本質を鋭く突いて、強烈です。
 そう、決して「満足」ではないのですよっ! そこがストーンズという反逆者のイメージと最高にダブったのは言わずもがなです。曲タイトル前にわざわざ (I Can't Get No) が置かれているのがキモになっています。
 また、その歌詞の3番にある「Girlie Action」が「Girl Reaction」に聴こえるとして放送禁止にしていたラジオ局があったのも、有名な空耳伝説です。
 印象的なリフにはファズギターが用いられ、曲の大部分はキース・リチャーズによって書かれたと言われていますが、タンブリンで強調されたビートは明らかに当時流行していたモータウンサウンドの影響が大きく、さらにバンド全体の勢いは狂熱的! このレコーディング当時の彼等は3回目となるアメリカ巡業の真っ最中とあって、各地で騒ぎや問題を起こしていましたが、このRCAスタジオやシカゴのチェススタジオでは、きっちりとセッションを敢行しており、当に上昇期の勢いがそのまんま録音されたという事でしょうか。
 ちなみに近年はステレオバージョンの発売もありますが、オリジナルはあくまでもモノラル仕様で、このシングル盤以外の主な収録は以下のとおりです。
●Satisfaction / The Spider And The Fly (Decca F12220 = UK 7"Single)
●Out Of Our Heads (London LL3429 = US 12"LP:mono)
●Out Of Our Heads (US LP version) = CD
●Big Hits (London NP1 = US Compilatino 12"LP:mono)
●Big Hits (Decca TXL101 = UK Compilatino 12"LP:mono
●Big Hits = 1986年リマスターのアメリカ盤CD
●Hot Rocks (London PS606/7 = US Compilatino 12"LP x 2)
●Hot Rocks = 1986年リマスターのアメリカ盤CD
●Decca Single Collection (Decca STONES-1/12 = UK 7"Single x 12)
●Single Collection - The London Years = CD
●Singles 1965 - 1967 = CD

The Under Assistant West Coast Promotions Man / ウエストコーストの宣伝屋
作者:Nanker Phelge (single version) : original mono-mix
製作:Andrew Oldham
録音:1965年5月10-11日、シカゴのチェス・スタジオ
 メンバー全員が共作したストーンズ流の楽しいブルースロックですが、実はアメリカの黒人R&B歌手=バスター・ブラウン:Buster Brown が1960年にヒットさせた「Fannie Mae」のモロパクリです。ただしそれは元メロディやリフの部分だけで、歌詞は当時の米国ロンドンレコードで働いていた某宣伝担当者の事を歌ったものとされています。ちなみに邦題は「ウエストコーストの宣伝屋」と、そのものズバリですが、モロバレのカツラや芸能界どっぷりの姿勢を揶揄されて……。
 それとこの曲は、大元は変わりませんが、幾つかのバージョンが存在しており、とりあえずこのシングルバージョンをオリジナルとして、後々解説させていただきます。
 このシングル盤以外の主な収録は以下のとおりです。
●サティスファクション / ウエストコーストの宣伝屋 (キング HIT511 = JP 7"Single)


参考文献:「ローリング・ストーズ・クロニクル / マッシモ・ボナンノ著」
参考文献:「ノット・フェイド・アウェイ / ジェフリー・ジュリアーノ著」

(2006.07.29 敬称略・続く)