幻のミステリ・ドラマ「手紙」ついにDVD化!
 幻の名作推理ドラマとして語り継がれ、復刻を熱望されていた「手紙・殺しへの招待」のDVD化が、ついに決定致しました。

 この作品は昭和50年に昼メロの連続ドラマとして日本テレビ系列で放送されたもので、簡単なデータは下記のとおりです。

手紙・殺しへの招待(昭和50年・日本テレビ・1話20分・全20回)
 監督:前田陽一
 原作:天藤真
 音楽:大野雄二 主題歌「うつろな愛/朝倉理恵」
 出演:竹下景子、村野武範、ひし美ゆり子、中島葵 他

 内容はミステリ物で、原作はお洒落なユーモア・ミステリの先駆者=天藤真が昭和48年に発表された名作「殺しへの招待」ですが、このテレビ版の結末は原作と変えてあるそうです。私は残念ながらこのドラマを観ておりませんので、その雰囲気を想像する他はありませんが、「実にいい出来だった、と作者として感謝している」という天藤真のコメントが残されているところから、ミステリ・ドラマの傑作として、観たくて仕方が無い作品でした。

 私のもうひとつのお目当ては、実はこちらが本丸なのですが、出演女優さんの素晴らしさに他なりません。

 竹下景子は、当時、現役の女子大生で、これが実質的な初主演作だということです。

 また、ひし美ゆり子は女優として最も忙しかったと自ら告白されているとおり、劇場用本篇では東映の「好色元禄(秘)物語(関本郁夫監督)」「新仁義なき戦い・組長の首(深作欣二監督)」、またテレビ出演も多数という充実した時期の出演作品でした。そしてもちろん、それに加えて伝説的な美味しい見所があるらしいのです。私が観たいっ、と決死的熱望をしているのは、実はその所為なのでした。

 音楽を担当された大野雄二についてはあらためて述べるまでもないと思いますが、主題歌を歌う朝倉理恵は澄んだソプラノが魅力のフォーク歌謡でアイドル的な人気もあった歌手です。「あの場所から」のヒットを記憶しておられる方が大勢いらっしゃることと思います。ちなみに彼女は朝倉理恵になる前には桜井妙子として「ふしぎなメルモ」とかを歌っていたそうです。

 発売元はマニア心を刺激することにかけては天下一のジェネオンエンタテインメントで、ひし美ゆり子主演による幻の成人映画「鏡の中の野心」をDVD復刻、大ヒットさせたのは記憶に新しいところです。

 今回の復刻についてはDVD3枚組で、通販専門の特典付スペシャルセット・限定300部の他に、通常版ボックスセットも発売されるという嬉しさです。詳しい特典内容や美味しい見所については、また後日取上げようと思います。

(参考文献:「殺しへの招待/天藤真・角川文庫版」)

(2004.06.11 敬称略・続く)



【付記】
 この情報の出所は、ひし美ゆり子様のHP「ゆり子の部屋」の掲示板からで、すでに大変な盛り上がりになっております。したがって最新情報はそちらの方が早いと思われますので、気になる方は日々、ひし美様のサイトのチェックをオススメ致します。

 ちなみにひし美様には、私のサイトの掲示板にも書き込みをいただきましたし、私にとっては永遠の憧れの女性でもありますので、紹介文中の呼び捨ては心苦しくもありますが、やはりスターには呼び捨てが良く似合うということで、敬称略とさせていただきました。

 それと彼女のサイトの掲示板は、嬉しいことに彼女自らの書き込み&レスが頻繁にあるという、それだけで感激の桃源郷になっております。

続報へ

ふりだしへ戻る